「オノマトペの唄」


作詞作曲 喜三郎


若い人達はいつでもせかせかしているね
なにをそんなイライラしてるのか
コケコッコーと鶏が鳴いて起きたなら
ガタンゴトンと電車揺られてどこへ行く

お昼になるとぐーぐーお腹が鳴りまして
なにを食べようてくてく歩いてた
煙がもくもく.くんくん嗅いだらいい匂い
ジュージューステーキいただきます


オノマトペーオノマトペー
言葉だけども言葉じゃない
オノマトペーオノマトペー
なんだか心がワクワクするよ

夜になるとキラキラお星様
彼女が待ってるお家の
ドアをガシャンと開けて
遅くなってごめんなさいペコペコと
プンスカずーっと怒っているよ

彼女僕にいつでもツンツンしているね
だけどもニコニコ笑顔がかわいいよ
そんな彼女も時々するよデレデレと
ほっぺにちゅっとキスをしてくれる

オノマトペーオノマトペー
ドカーンポッカーン
ドンガラガッシャーンオノマトペー
オノマトペーオノマトペー
ぴょんぴょんワンワンニャーガォー

オノマトペーオノマトペー
言葉だけども言葉じゃない
オノマトペーオノマトペー
なんだか会話がピカッとするよ
なんだか心がワクワクするよ